デートで成功する方法!初対面の女性の心理について

 

 

こんばんは! ラッキーエンジェル婚活カウンセラーの竹谷信枝です(^^♪

先日、婚活中の男性とお見合いの初対面でのことについて話す機会がありました。

 

その方は初対面のときは相手に自分のことをわかってもらいたいし、退屈させたくないからたくさん話すようにしているとおっしゃっていました。

 

気持ちはとてもよくわかります!!

沈黙は気まずいですしね

 

 

 

でも私がお見合い相手だったら・・・

 

 

 

この人との次のデートはないと思いました。

一生懸命話をしているのに次はないと思わせてしまう理由とは・・・

それは「自分のことしか話さない」からです。

 

女性は最初とても警戒心を働かせます。

男性よりも情報処理能力に優れているので、話の内容だけでなく

しぐさ

話の仕方

見た目

雰囲気

など様々な観点で集中して情報収集をします。

 

 

とくにお見合いの場では「この人はどういう人なのか?」と見極めようとしています。

 

職業や家族環境などは事前に確認してから会っているので、初対面の席での要点は

「この人は私を大事にしてくれるだろうか?」

「一緒にいて気をつかわずにいられるだろうか?」

ということになってきます。

そのときに「自分のことしか話さない人」は「私のことを知ろうとしない人」と判断されてしまう可能性が高くなります。

 

「自分は本を読むのが好きなのですが、、あなたは自由な時間があったら何をしますか?」とか

「この前とても美味しいラーメン屋があったのですが、ラーメンは好きですか?」など、

自分の話もしながら、相手に興味を持って質問をするのがとても大事です。

 

そして共通点を見つけることを意識してください。

 

注意をしないといけないのは、初対面はあまり根掘り葉掘りは聞いてはいけません。

 

女性は最初は警戒心があるので、質問攻めにされてもまだ相手を見極めていない間は、自分のことを話すぎないように気をつけています。

 

「私のことに関心を持っている」と感じ、共通点があると思うと「もう少し話してみたい」と思わせることができ次のデートにつながります。

 

ぜひ初対面の会話は一生懸命自分の話をするのではなく、お相手に興味を持ち共通点を見つけるための会話を心掛けてみてください!