お見合いから交際になったとき・・・。結婚相談所あるある

 

 

こんばんは! ラッキーエンジェル婚活カウンセラーの竹谷信枝です(^^♪
お見合いで初めて出会い、もう一度会ってみたいなと思った場合は「交際期間」になります。

この交際は通常の恋愛感覚での交際とは違って、お相手がどういう方かをもう少し知ってみる期間です。

 

 

恋愛でいう交際は「好き」という感情がお互いにあることが前提ですが、

お見合いでの交際期間は「好きになれるか?」ということを知るためにあります。

TVでのお見合い大作戦などで、2日間かけて複数の方々とお話をして相手がどのような価値観を持っているのか、結婚したらどんな家庭になるのか、と考えながら企画の終わりにお相手に告白します。

 

 

この感覚が一番近いと思います。

 

 

お見合いは2日間も一緒にいるわけではなく、初回は1時間ほどです。

TVでいうところの企画旅行前のVTRを見て、チェックをした人と「お見合い回転ずし」で話したところくらいまでのレベルです。

 

 

ですので、その後のフリータイム・お宅訪問、

そして二日目のフリータイムがあるように

交際期間でお互いを知るための話をし、そして「結婚を前提に付き合う」という結論が出たらめでたく「成婚退会」となります。

 

 

ではどのくらい会えば「結婚を前提に付き合う」かどうか決めることができるのかというと一般的には2~3回と言われています。

交際期間となったあと、2~3回会えばこの方との結婚はあるかないかは判断できるということです。

もちろん全員が同じタイミングで決めることができるわけではなく、迷うこともあると思います。

そのために3ヶ月、更に延長して交際できるようなシステムにはなっています。

 

 

あくまでも目安としてということにはなるのですが、この「交際」という名前に惑わされてしまい恋愛でいうところの「付き合う」と勘違いされる方が多いようなので、お話させてもらいました。

 

 

結婚をするためのステップとしての期間です。

自分は何を求めているのかをしっかりと知ったうえで臨んでいきたいものですね(*^-^*)