痴漢冤罪を回避する方法!弁護士の使い方

こんばんは! ラッキーエンジェル婚活カウンセラーの竹谷信枝です(^^♪
夏です。暑いです。女性の露出度が上がっています。

これは男性にとって目に嬉しい反面、満員電車では恐怖でもあると思います。

胸元が大きく開いた服を着て、うっかり谷間が見えそうになっている女性を目の前に満員電車でぎゅーっとかなってしまったら・・・。

 

 

見ていてかわいそうになります。

ある意味拷問ですよね(笑)

 

 

短いデニムパンツも流行っていますから、生足で足の付け根が見えそうなパンツをはいてたまたまカバンが足にでも当たってしまったら・・・。

何もしていないのに!触りたい気持ちはあるけど何もしていないのに!

妄想があるだけに「痴漢!!」と言われたら「すみません!」とか言いたくなったりして・・・。

 

 

でもむやみに謝るのは危険です。

少し前も痴漢の冤罪で線路を逃げた男性が引かれて死亡するという悲しい事故がありました。

あのときに「痴漢」と叫んだ女性は未だに現れないらしいですよね。

痴漢は冤罪であっても疑われただけで社会的信用を失います。

もし疑われたとしても絶対に駅員室に素直に同行することは避けましょう。

駅員室に行ってしまうと「現行犯逮捕」と思われてしまうことが多いようです。

その場で第三者の目撃証言を募る方が良いです。

痴漢冤罪被害に遭わないために身を守る方法を書いておきます。

 

 

女性の近くに立たない

今は示談金目当ての確信犯もいるようです。

特に露出度の高い女性には本当に気をつけないといけません。

 

両手でつり革を持つ

「バンザイ通勤」という言葉があるくらい男性を守る方法です。

男性は手持ちのバッグを持つと両手を上げづらくなるかもしれませんが、網棚に荷物を置いてでも両手を出しておく方が安心です。

 

リュックは前にかける

少々かっこ悪いかもしれませんが、前にリュックがあることで下手な疑いをかけられずに済みます。

両手が上にあったとしても「何かがあたってる」と言われることがあるようです。

リュックなどで空間を作ることでそのような疑いをかけようがありません。

 

満員電車に乗らない

時間帯的に仕方がない人もいますが、乗り継ぎが悪くなろうとも比較的空いている車両に乗るなど

ぎゅうぎゅうにならない方が安心です。

 

 

絶対にしてはいけないことは「もしかしたら知らないうちに当たったかも」などと言う事です。

私は身長が170cmあるので間接視野でよく男性に間違われます。

電車でバッグなどが女性にあたると「きっ!」と睨まれて、私が女であると知るとバツが悪そうに前を向きます。

男性であっても決してあなたには触らないかもというタイプであってもです。

男性だったらこうやって疑われるんだろうなーと思いながら見ています。

 

 

露出度の高い女性は遠目に見て妄想にふける程度におさめておくのが賢明です。

くれぐれも吸い込まれるように満員電車の近くに乗ったりはしないようにしましょうね(^-^;

 

 

それでも万が一疑いをかけられたときはすぐに弁護士に連絡してください!

自分で何とかできると思っても痴漢冤罪が増えている事実があるように疑いを晴らすとこが難しいのが現実です。

弁護士に連絡することで人生を守れますので、男性はいざというときの110番感覚で弁護士の連絡先を持っておくことをオススメします( ^ω^ )