すぐ眠れる人は要注意?!睡眠の質が低下しているかも!

 

 

こんばんは! 横浜湘南の結婚相談所ラッキーエンジェル婚活カウンセラーの竹谷信枝です(^^♪

 

 

私は横になるとすぐに眠れます。電車の中でも座るとすぐに眠れます。

その分睡眠がとれているから安心、と思っていました。

それが実は危険かもしれないのです!!

 

 

「不眠状態を自覚している人よりも危険かもしれない」という記事を読みました。

 

 

単純に睡眠不足だから眠れてしまうのですが、これは普段から眠れていると思いきや睡眠の質が悪く慢性的に睡眠不足になっている「睡眠不足症候群」と呼ばれる症状で10人に1人がこの状態と言われています。

 

 

「睡眠不足症候群」の最大の特徴は本人が睡眠不足に気付いていないということにあるようで・・・

 

 

 

 

まさに私じゃん!!(笑)

「睡眠不足症候群」の人は疲れていてもその原因が仕事のせいだと思いがちなため、早く仕事を終わらせればよいと本来大事にすべき睡眠時間をさらに削ってしまう傾向にあり、結果また仕事のパフォーマンスが落ちていきさらに疲労感が増す、という負のサイクルに陥りやすくなります。

 

 

「休日の睡眠時間が平日より2時間以上長くなっている」という人は「睡眠不足症候群」の可能性が高いらしいです。

 

 

 

やっぱり私じゃん!!(笑)

睡眠不足を解消しようと週末に寝だめをしようとすると、体内時計を乱す原因となり、普段の就寝時間に寝付けないなどさらに睡眠の質を落とすことになってしまいます。

 

 

そんな負のサイクルから抜け出すために大切なのは睡眠のリズムで眠った時間や起きたときの感覚を日記のようにつけると良いということです。

そうすることで、自分にとっての快適な睡眠時間、就寝起床時間などのリズムを把握することができる上に休日に寝すぎてしまったときも、自分のリズムにもどすための指標にすることができます。

 

 

 

どこでもすぐに眠れるから大丈夫と思っている人!(私か・・・)

睡眠に無頓着にならずに「睡眠不足症候群」かもしれないと疑い、自分の眠気を見直して、真の快眠を手にいれる努力をしましょう!!