シニア世代の再婚の問題点。相続など

 

 

こんばんは! 横浜湘南の結婚相談所ラッキーエンジェル婚活カウンセラーの竹谷信枝です(^^♪

 

 

友人からヤフーニュースの記事が転送されてきました。

シニア世代の結婚・再婚が増えていることで、パートナーができるという喜ばしいことと同時に

預貯金や不動産などの財産の扱いに関してトラブルが生じているというような内容でした。

 

 

私自身、結婚相談所を開設しようと思ったきっかけは同じところにあり、中高年の結婚・再婚を中心にしていきたいと同時に、資産トラブルを解決できるよう弁護士や会計士の先生に協力をお願いしました。

 

 

再婚だと子供もいますし、初婚でも中高年になるとそれなりに財産をお持ちの方も多くおられます。

法廷婚をすることで、新たに生まれた権利や義務により、本人だけでなく、家族も関わってくることになります。

例えば、社長業をされている65才くらいの方がいるとします。

 

 

再婚で子供さんもお孫さんもいる中で、知らない女性を連れてきて結婚する。・・・と言ったら必ず

「チョット待って!別に一緒にいるのはいいけど結婚はしなくても良いんじゃないの」

となります。でも本人たちは「結婚したい」と言い張る。

 

 

そうすると今まで仲良くしてきた親子関係などに溝ができてしまうことになり、結婚して幸せになるはずが、家族との仲たがいという悲しいことが起きてしまいます。

 

 

それは嫌ですよね。

 

 

そんなときにもし財産を把握し、子供にはこれだけ財産分与をし、会社はこのような状態にして自分たちはいくらくらい。

などの取り決めがはっきりと決まっていたら・・・

その内容に納得したら子供たちは手放しでお父さんの結婚を喜べると思います。

 

 

このように、多少の問題があるかと思われるシニア婚もしっかりと整理すると純粋に喜ばれることになるんです。

今後、このようなケースが増えてくることが考えられます。

しっかりとフォローしていきたいと思います(*^-^*)