個人賠償保険って知ってますか?元保険営業マンが語ります

 

こんばんは! 横浜湘南の結婚相談所ラッキーエンジェル婚活カウンセラーの竹谷信枝です(^^♪

 

 

久々に元保険屋的は話題です。(笑)

住宅火災保険の更新のお知らせが来て、内容を確認していて目についた個人賠償保険の話です。

 

 

「賠償保険」という言葉は聞いたことがあると思います。

最近はコンビニでも自転車用に賠償保険を簡易的に販売していますが、これは自転車で人にぶつかりけがをさせてしまったとき、相手の治療費や仕事を休んだ場合の休業補償、そして万が一にでもお亡くなりになってしまったときの責任保障のお金を保険会社が払ってくれるための保険です。

 

 

つまり賠償保険とは「自分の不注意などにより与えた相手の身体や物の損傷に対する保障」をする保険です。

あくまでも故意は対象外です。

 

 

例えば飲食店で食中毒を出してしまったとき「生産物賠償保険」に加入していると、その食中毒による被害を受けた方に対し、治療費はもちろん慰謝料も正当な請求であれば保険会社が支払ってくれます。

これ万が一加入していないと、その支払いだけで人生が終わってしまうかもしれません。

 

 

そしてその個人版が「個人賠償保険」です。

基本的には「特約」といって、車の保険や家の火災保険に付加するものなので、単体で加入できるものではありませんが、一家にひとつその特約がついていれば、家族の誰でもが対象になります。

 

 

よくある話で、「子供が友達と遊んでいて誤って倒してしまい、そのはずみに永久歯が折れてしまった」などがあります。

永久歯は二度と生えてきませんから、差し歯を入れるしかなくなります。

 

 

決して悪意があって起きたことではなく単なる事故ですが、折られてしまった方は色んな意味で損害を受けます。

「ごめんね」で済む問題ではありません。

 

 

保険適用になる歯は色も硬度も限界があり、保険適用外になるとかなりの高額になります。

結局のところお金で解決しないといけない問題となります。

それまで仲良くしてきたお友達関係が一気に崩れる瞬間です。

 

 

ですが、ここでこの個人賠償保険に加入していると治療費だけでなく、折られた方の精神的損害も妥当な金額であれば正式な請求(弁護士などに作成してもらう損害賠償請求書)にもとづき、保険会社から支払われます。

 

 

折られた方の親も仕方のない事故だとわかっているので、そこまでしっかりと保障してくれたら加害者の子供や親に対しても逆に気づかってくれることになると思います。

 

 

私自身、息子がうっかり自転車を倒してしまい、同じアパートの方の車を傷つけてしまった経験があり、個人賠償保険できれいになおしてもらったことがあります。

請求額は20万円ほどでした。

自転車を倒しただけで20万円を生活費から支払うとなるととても痛手ですが、保険会社が支払ってくれたので本当に助かりました。

 

 

そんなにお役立ちしてくれる保険なのに、保険料はとても安いです。

この特約は今のようにすぐ「損害賠償問題」になる世の中ですので、必ずつけておくことをおススメします。

 

 

この個人賠償保険の特約は付加する本体の保険によって限度額が変わってきたり「免責」といって、保険会社が免除になる金額、つまり自分が払わないといけない金額があったりするので
証券を見てしっかりと確認しておくのがいいと思います。

 

 

何かあってからでは遅いのが保険です。

何もないうちに準備しておいた方が良いこともたくさんありますよ!