結婚相談所ブログ

2017.10.18結婚相談所ブログ

社会保険労務士が何の仕事をしているかわからない・・・

社会保険労務士ってなにをしているの
 

こんばんは! 横浜湘南の結婚相談所ラッキーエンジェル婚活カウンセラーの竹谷信枝です(^^♪

士業と言われる職業は様々あります。

弁護士、会計士、司法書士、税理士、行政書士などなど、、、

その中でも社会保険労務士という方々が具体的にどんな仕事をしているのかわからないという人は少なくないのではないでしょうか。

 

 

いつも参加している勉強会で、社会保険労務士の先生がゲストで来られてその仕事内容が話題になりました。

簡単に言えば雇用や賃金に絡む仕事、労働基準局に提出する書類の代行業務が主な仕事となります。

会社の労働規則などを作成してくれるのも社会保険労務士の仕事です。

 

 

私も以前ある会社で一人事務をしていました。

会社は電気工事会社だったので、社員のみなさまは現場の管理であったり、作業をする職人であったり外に出ることがほとんどなので、いつも一人でその他の事務をすべて仕事としていました。

 

 

当然、給与計算、賃金台帳の整備、入退社の手続き、傷病の申請から給付まですべて仕事の範囲です。

入社があるとハローワークに行って雇用保険加入手続きをし、現場でけがをしたとなると、労働基準局への届け出が必要になり、年末には年末調整を行い、新年度には社会保険料の算出をする。

 

 

人事労務の仕事です。

そういった仕事を代行しれくれるのが社会保険労務士なのですが、結局私のように社員でもできる仕事なので専門としての分野がいまいちわかっていませんでした。

 

 

しかし話を聞いていると、そのような単純事務ではなく、会社と労働者の間の雇用問題であったあり、雇用に関わる助成金であったり、通常業務を問題なく行えるような環境作りというのが専門ということでした。

 

 

確かに私の勤めていた会社にも労働規則があり、時代の変化や会社の請負業務内容によってそのつどの見直しがされていて、私はその労働規則を見ながら様々な判断をしていたのです。

 

 

そして、助成金なども情報を持ってきてくれて、私は指示通りの書類をそろえればよいだけでした。

税理士や弁護士のように誰もが知っている業務というよりは、黒子のように裏で環境を整えてくれている仕事なので言われてみないと気づかないとこがたくさんありました。

会社があって雇用がある限り必要になる労働環境、しっかりと整えてくれる社会保険労務士さんとお付き合いするのが大事なんだなと改めて知ることができました(^-^;
無料結婚相談所

関連記事

Lucky Angel