長生きのコツは??100歳以上が習慣にしていること

 

こんばんは! 横浜湘南の結婚相談所ラッキーエンジェル婚活カウンセラーの竹谷信枝です(^^♪

長寿の国、日本と言われていますが、平均寿命がどんどん延びています。

この理由のひとつに医療技術の進歩がありますが、できることなら医療のお世話にならずに健康に生きていたいですよね。

 

 

現在100才前後で健康に生活されている方々に聞いたアンケート結果がありました。

みなさま毎日30分程度のウォーキングや、体操など体を適度に動かすことを心掛けているそうです。

そして何よりも興味深かったのが、食生活です。

 

 

50歳を越えたあたりの方々がよく「最近は脂っこいものが苦手になった」とか「食べる量が減ってきた」などという話を聞きます。

しかし、この健康で100才前後の方々は意外にもとんかつ・天ぷら・ステーキ・マーガリンたっぷりの食パンなど胃もたれしないのかな?と心配になるくらいカロリー的にもボリュームのあるものを食されています。

 

 

もちろん食べすぎていることはないのですが、まとめると・・・

・好きなモノを好きなだけ食べている事

・無理に健康!と言われる食材を食べていないこと

・バランスを大事にしている事

ということらしいです。

 

 

「健康のため」と好きなものを食べずに我慢するよりは、適度に好きなものを食べつつ、野菜などもしっかり食べてバランスをとることが大事ということです。

 

 

お酒に関しては決して飲みすぎるようなことはしないで、飲んでも1杯程度とのこと。

大酒のみは健康を害する大きな理由になるようです。

 

 

そしてもうひとつ大事なのはストレスとの付き合い方です。

現役社会人で会社の出世競争に勝ってきた大会社の部長が、定年退職後にぽっくり・・・ということは実はよくある話で、そうとうなストレスを耐え抜いてきたんだと思います。

もちろん長生きするためにストレスフリーということではなく、適度なストレスは必要ではありますが日ごろから自分を痛めすぎずうまくストレス解消をするための気分転換を身につけるなど上手に付き合うことで、その後のシニアライフも快適に楽しめるということです。

 

 

食事とストレス、この2つのキーワードをどう捉えていくかが健康で長生きの秘訣のようですね。