結婚相談所・婚活関連

無料結婚相談所

2017.11.24結婚相談所・婚活関連

再婚は増えてきているのか?再婚が多い世代は?

老後の不動産
こんばんは! 横浜湘南の結婚相談所ラッキーエンジェル婚活カウンセラーの竹谷信枝です(^^♪

 

 

平成20年に年金の分割制度ができたとき「熟年離婚」が一気に増えました。

子供のため、老後のためと結婚生活を継続することしか選択肢がなかった専業主婦たちが老後の経済的保障を手にしたことで我慢をしないことを選ぶことができるようになりました。

 

 

しかし、共働きが増え、そして今後も増え続ける今はそこまで我慢することもなくなり今離婚が多い世代は30代後半から40代前半となっています。

 

 

そしてバツイチの再婚も同じく30代後半から40代前半が多くなっています。

40代半ばになると男女ともに再婚率が下がってくるようです。

 

 

実際に私も結婚相談所をいう仕事柄、再婚希望の方とも多くお話をさせていただきますが、男性の30代後半から40代半ばまでだと、離婚時に子供がいてもまだ小さいため、妻が引き取るケースも多く離婚歴があるとは言え、初婚とそれほど変わらない生活をされています。

 

 

確かに養育費という負担がある方もおられますが、妻側が再婚されることもあり、実際に養育費を払いつづけないといけないという環境もなくなる可能性も多くあります。

そしてお相手の女性が初婚であっても再婚男性の×を気にしない方が多いです。

 

 

女性側も子供がまだ小さいと再婚相手にもなついてくれますし、一緒に育てていくという環境になりますので周りの親族も再婚に賛成という意見も少なくありません。

ただ男性とは違い、再婚相手も再婚ということが多いようです。

 

 

40代後半以降になると、男性も女性もお相手は再婚という方が増えてきますがそもそも再婚する数が40代前半までと比べると半分くらいの確立になってきます。

理由としては男性側はお相手に10才以上の年下をご希望される方が多くおられます。

あとはお相手の子供が思春期以上になっており、子供という感覚にはならないということもあるようです。

 

 

女性側としても、思春期以上になった子供に「お父さんだよ」はやっぱり抵抗があると思います。

そして40代後半以上の女性は老後の生活の心配が再婚を望む理由にもなっていますので、男性の経済的事情を重視しすぎる傾向にあります。

 

 

お互いに望むのもがすれ違ってしまうので、再婚に至る確率も下がっていきます。

私自身バツイチになったのが34才のときで再婚は36才でした。

子供も小さく、2回目のだんなさんにはとてもなついていました。

 

 

再婚をするにあたっての障害は少々年齢差があったことで家族に心配をかけてしまったことくらいで他には何もありませんでした。

そんな経験からも30代後半から40代前半の再婚が多いことにとても納得します。

 

 

またシニア世代になると事情も変わってきますが、実は40代の再婚というのが一番難しいのかもしれません。

婚活の方法としては、1人で頑張る合コンやパーティよりも、相談相手がいて、お相手の状況を確認できる結婚相談所が一番良いというデータもあるようです。

40代で再婚を望む方は一度ご相談いただければとも思います(*^-^*)



横浜の結婚相談所ラッキーエンジェルへ問い合わせ

結婚相談所・婚活関連 // 結婚相談所ブログの最新記事

Lucky Angel