私の友人の婚活事情について記事にしてみました!感じたことなど

 

こんばんは! 横浜湘南の結婚相談所ラッキーエンジェル婚活カウンセラーの竹谷信枝です(^^♪

 

 

私の友人で40代の女性が今婚活中です。

結婚相談所には登録しておらず、もう少し頑張ってみてダメだったときは登録するね、と言われています。

 

 

娘が2人いて専門学校と高校生になるため、子供がそれぞれの道に歩きだしたときに寂しくなるからと今後の人生を一緒に歩いてくれる人を探していますが、なかなか良い出会いには至っておりません。

 

 

雰囲気がしっとりしているタイプで、女性目線で見ても男性から好かれそうと思うのですが、話すと意外とさっぱりとしていて男っぽいと言われることも多かったようです。

 

 

出会いがまったくないわけでもなく、過去に何人かお付き合いした方はいるのですが結婚に至らず最近はお付き合いにすら発展しないという話を聞きました。

一見モテそうな彼女がなぜ結婚に至らないのでしょうか・・・。

 

 

まずひとつには彼女は何となく探している、ということだと思います。

結婚はしたいと思いつつも、そこまで切羽詰まっている訳ではないので、まずは恋愛から始まらないと結婚にはいきません。

 

 

しかし、その一方で結婚も考えたいと思っているので、紹介などされたときに先に条件を聞いてしまっているところもあります。

つまり結婚できる条件のそろっている人と恋愛から始めたい、と思っています。

30代後半から40代くらいの見た目の良い女性にありがちな話です。

 

 

しかし同じ年くらいの恋愛力があり、女性から結婚の条件がそろっていると思われるような男性はご自身よりも10才以上年下の女性を好む傾向にあります。

 

 

そうなると30代後半から40代の女性が対象になる男性というのは50才くらいからということになりますが、50才前後で恋愛力のある結婚の条件がそろっている男性というのはなかなか少ないです。

 

 

60才くらいになると男性も老後に向けてお相手を欲しがる方もまた増えてくるのですが、40代前半でお相手が60才だと恋愛対象になりづらい面があります。

 

 

つまり、その友人は非常に少ない人口のタイプを探して出会っている状態ということになります。

恋愛だけで良いなら年齢幅も広くなり、例えば賃貸住まいの派遣社員でも構わないということになるし、結婚だけを望むなら、ときめきがなくても資産のある50代後半の落ち着いた方などとの出会いはあるハズです。

 

 

ときめきも含めた恋愛からの結婚を求めている時点で相当な数の方とお会いしないと出会うのは難しいと思います。

私はその友人と話すときにはそのようなことはハッキリと言いますが、彼女は「そうなんだよね~」と言いつつあきらめきれずにまた出会いを求めに行動しています。

 

 

それはそれで彼女の生き方として認めていますし、望む方との出会いがあれば良いなと心から応援しています!