彼氏・彼女との初デートでやってはいけないこと

 

こんばんは! 横浜湘南の結婚相談所ラッキーエンジェル婚活カウンセラーの竹谷信枝です(^^♪

 

 

楽しく距離を縮めるはずの初デートでやってはいけないことをまとめました。

(男性の場合)

①デートプランを何も考えてこない

慣れた相手との何度目かのデートなら全然良くなることですが、初デートに関してはNGです。

すべての行先を決めてこなくても、だいたいのコースや最初にいく場所とその次くらいまでは決めてきましょう。

できることならお店は予約をしておうことをおススメします。

たった電話一本ですむ話です。そこがめんどくさいと感じる人は努力をしない人というレッテルになっても仕方がないですね。

 

 

②服装に気をつかわない

気をつかわずに会える相手でないと嫌だ、という意見もあるかもしれません。

お互いのことがわかり、気心しれた仲になればその主張はとても大事です。

しかし、初デートに必要なのはマナーです。

相手のために服装に気をつかうのは当然です。

 

 

③いきなり割り勘

「お見合い後の初デートで割り勘を求められました」というクレームがリアルにあります。

男性からすると、女っておごられて当然と思ってる、的な意見もあるかもしれませんが、初デートで割り勘を求められるというのは、その女性を特別だと思っていないことの意思表示だと考えてください。

女性は奢られることで、自分に好意があるという小さな自信を持つことができます。

 

 

④自分の話しかしない

一生懸命話題を作ろうとしているのかもしれませんが、女性に「私には興味がない」と受け取られても仕方ないことです。

この人自分のことしか興味ないんだなーと思われる行為になります。

 

 

⑤女性の帰り時間を心配しない

初めてのデートで遅くなろうと思っている女性はほとんどいません。

逆にお茶だけ飲んで、じゃサヨナラ的なことになるとこれも傷つきます。

「今日は何時頃まで大丈夫?」と最初に聞くと好感度が高くなります。

 

 

(女性の場合)

①遅刻をする

初デートに気合をいれておしゃれに時間がかかってしまうこともあるかとは思います。

男性を引き立てるためには男性に少し待ってもらうもの大切なことです。

しかし、遅刻はダメです。

楽しみにしてなかったのかなと男性をがっかりさせることになりますよ。

 

 

②奢られて当然の態度

男性には初デートは奢ってくださいと言いながら、女性に奢られて当然の態度はダメというのも少し変な感じもしますが、これもマナーです。

男性を立てる意味でも奢ってもらっていただくのが良いのですが、それでも感謝の気持ちは表してください。

奢られて当然という態度は男性にとってはとても不快なものです。

 

 

③おねだり的な発言をする

女性同士で買い物に行くと当然のように「コレ可愛い!欲しい~!」という言葉を連発しますよね。

女性同士はそんなもんです。(多分)

その言葉は自分が思っているだけで、決して相手に買ってもらおうとは思っていません。

しかしこれを初デートの男性の前でつかうと「買ってほしい」に聞こえることがあります。

女ってそんなもの、と思っている男性以外はプレッシャーになるのでやめましょう。

 

 

④ちょこちょことLINEする

女性同士の会話LINEは男性には理解しがたいものがあります。

「今からお昼ごはん」などのLINEのやり取りをなぜするのか理解不能です。

その感覚でデート中にも友達とLINEするというのは男性に対してとても失礼なことになりますので、デート中はできるだけ携帯は触らないようにしましょう。

 

 

⑤前に来たことや前の彼氏の話をする

付き合いも深まってきたときに過去の話をするのは大丈夫ですが、初デートではやめましょう。

男性は比べられることが大嫌いです。

過去より今がいいというつもりで話ても、比べられてると思う時点であまりいい気はしません。

初デートで過去の話をしないのもマナーです。

 

いかがでしたか?

簡単にまとめさせてもらいましたが、最初の印象は大きく引きずるものだということをしっかりと頭にいれて、印象良く初デートをこなせると今後につながる確率は高くなるのではないでしょうか(*^-^*)