結婚相談所・婚活のお見合いでうまくいくコツについて!

こんばんは! 横浜湘南の結婚相談所ラッキーエンジェル婚活カウンセラーの竹谷信枝です(^^♪

 

 

恋愛結婚ではなく、お見合い結婚の場合、どのような方がうまくいっているのでしょうか?

ほんとに少し前の時代、戦後生まれの方々はお見合い結婚が当たり前でした。

恋愛で結婚に至ることの方がめずらしく、地元であったり、会社であったりお世話を焼く人がいて、結婚適齢期の年齢が来る頃にはお相手を見つけてきてくれて言われるがままにお見合いし、そのまま結婚というパターンは当たり前でした。

 

 

言われるがままに、というと意思がないように思われがちですがそうではなく、紹介をされる時点である程度の条件はクリアされていて、あとはいやでなければ、という状態であることが前提だからです。

 

 

戦後日本が復興し、豊かになって生活のために結婚することが必要でなくなった頃から結婚は好きな人とするもの、という価値観が当たり前になり、お見合い結婚は自力で結婚相手を見つけることができない人たちのためのようなマイナスなイメージに受け取る人も増えました。

 

 

しかし、今またお見合い結婚に対するイメージは変わってきていて、若い女性が早い時期に自分の理想とする結婚にふさわしい相手をお見合いで探すようになってきています。

 

 

それは、結婚と恋愛は違うという認識もあり、長く一緒に暮らす相手に求める事柄と、恋愛でときめきに求める事柄が同じではないと感じているからです。

女性だけでなく、男性も同じで「仕事を自分のペースでやりたいので、そのリズムにストレスのない相手」と30歳になったばかりでお見合い結婚をした方もおられます。

今もとても仲良く暮らされています。

 

 

ただ昔のお見合いと今の結婚相談所などを利用したお見合いには大きな違いがあります。

昔は選択肢が紹介された方に対してYESかNOしかありませんでした。

今のシステムで行われるお見合いはどの人にしようかな、というように選べると思ってしまい、とりあえず交際、のような様子見という選択肢があることです。

 

 

これは大きな落とし穴になります。

お見合いでお会いして70%くらいは合いそうだな、と思っても100%がいるのではないか、と思うためにその70%の方はキープしつつ他を探し、比較で選ぼうとする。

残念な話です。

 

 

お見合いの場合は大体の条件はクリアしているところからのスタートですから、いやでなければうまく行くハズです。

そもそも人は身近で、コミュニケーションをよく取る人を好きになっていくものです。

いやでなければその後の共同生活の中でどんどん愛情が育っていくものです。

 

 

その事を理解している方はお見合い結婚でうまくいく人です。

条件をクリアした人と恋愛を始めるためにお見合いをしているのではないですからね。

しっかりと1人の人と向き合うことが幸せな結婚生活の一番の近道ですよ!