こんばんは! 横浜湘南の結婚相談所ラッキーエンジェル婚活カウンセラーの竹谷信枝です(^^♪

 

 

昨日は男性の部屋だったので、今日は女性の部屋です。

女性の部屋に行く、というだけで男性はテンションが上がりますよね。

行くと決まった日から妄想が膨らむ日々・・・。

そんなウキウキの期待を裏切らないようにしたいのが女性の心理です。

 

 

まずは玄関に入った瞬間の香りです。

女の子らしい清潔感のある香りを好む男性が多いようです。

逆に甘すぎる匂いはあまり好きではないという意見があるようです。

 

 

女性らしさはあって欲しいけど、メルヘンチックな乙女の部屋作りは少々落ち着かないようでやはりシンプルに清潔感がある部屋が好まれます。

 

 

テーブルに一輪挿し程度の花が活けてあると女性らしさを感じますね。

フローリングの部屋の場合は清潔感のあるスリッパを出し、上着をかける用のハンガーを用意しておくとポイントが高いです。

スリッパはあまり使っていない感のあるものが良く、使い込んだ感じになってしまうと「過去の男かな」と余計なことを気にさせてしまうので、いっそのこと買い替えておく方が良いかもしれません。

 

 

普段は自分がくつろいでいるお気に入りポジションがあったとしても、ゲストの男性に一番くつろげるであろうポジションに座ってもらいましょう。

飲み物を出すときはできれば「何がいい?」と聞けるようにいくつか用意しておくのが良いです。

「私、ハーブティーしか飲まないから、ハーブティーでいいよね」などと美容健康志向をアピールしたくなったとしても、男性でハーブティ―を積極的に飲む人は少数派であることは間違いないので、コーヒー、紅茶、お茶くらいのバリエーションがあるとおもてなし感が出ますよ。

 

 

トイレや洗面台は完璧なくらいキレイにしておきましょう。

男性は必ず水回りのチェックをします。

水回りでその人がわかる、くらい思っている人もいます。要注意ポイントです。

 

 

そして、食事です。

初めて部屋に招くときには手作り料理を食べてもらうということが理由になっていることが多いですよね。

男性は料理の腕前に関してはものすごく重要視しています。

期待しているといった方が正しいかもしれません。

今まではあまり作らなかったけど、これから頑張る!でも全然OKですが、一生懸命取り組む姿勢がとても大事です。

 

 

最初から高度なものを作るのではなく、煮込み料理のように煮込んでおけばそこそこ美味しいものや男性が来てから一から作るよりも、事前に大体の仕込みが終わり、あとは仕上げだけにしておけるものをメニューに選ぶと良いでしょう。

 

 

すべて並べてから「乾杯」でも良いですが、とりあえずつまみを軽く並べて先に乾杯をし、軽く飲みながらメインを仕上げると家庭感が出て結婚をイメージさせることができるかもしれません。

インテリアに間接照明を置いておくのも良いですね。

ほわっとした空間を演出することができると男性は「落ち着く」という印象になりこの女性といると落ち着くな、と思ってくれることになります。

 

 

さりげない女性らしい演出と気持ちの落ち着く空間、そんな部屋作りをしておくと男性の評価も高くなるのではないでしょうか(*^-^*)