結婚相談所のお見合いで興味ない話を2時間・・・

こんばんは、神奈川県横浜の無料結婚相談所ラッキーエンジェルです。

 

先日のお見合いで2時間マシンガントークを繰り広げた男性がおられました。

当会の女性会員さんに付き添った私は、お見合い終了後に話を聞いて彼女の忍耐力を尊敬しました(笑)

 

この男性、お人柄はとても良い方だと思います。

お引き合わせで挨拶をさせてもらい、誠実で礼儀正しい方だなと感じました。

ただ女性との会話となると苦手なのでしょうね。

それは仕方のないことだと思います。

 

しかし、

仕方がないからそれでいいということではありません。

実際そのせいでまた会いたいと思ってもらえる機会を逃しています。

この方は2時間、ご自分の趣味について語ったそうです。それもマニアックなネタで・・・。

 

出てくる単語のひとつひとつの意味がわからないのに加えて、

楽しいポイントの理解も全くできない状態だということに全く気付かずに相槌を打ってくれている相手に質問のひとつもなく、ひたすらしゃべる・・・。

 

この方、一個も質問がなかったそうです。

最初の「何を飲みますか?」すらもなかったとの話。

 

私もコミュニケーションの話をするときに、質問はしましょう!は当然でその答えによって深堀にするのか、話題を変えるのか、などという話をしています。

コミュニケーションを語るときに「質問ありき」という部分があるのですが、質問がない、となるとなかなか手ごわいです(笑)

 

彼女の方は隙を見ては、話題を変えようとしてみたり、質問を投げてみたりしたそうです。

しかし話題を変えてもすぐ戻る、質問してもまた戻る、の繰り返しで「笑っちゃいまいた」と言っていました。

 

お見合いの席というのは緊張もしますし、上手に話すというのは難しいことです。

この方もきっと本当にいい人なんだと思うんです。

 

でもやはり努力は必要です。

「聞く努力」。本当は「聴く努力」をしていけるとコミュニケーション力は上げることができます。

 

職場でもとくに会話を必要とせず、家に帰れば自分をわかってくれている親がいて、趣味の仲間とは趣味の会話さえしていれば楽しく付き合える。

そんな環境だとわざわざ「聞く努力」などしなくても生活できてしまいます。

しかし結婚生活は違います。

相手とコミュニケーションを取らないと始まりません。

苦手だから無理!と言ってしまっては終了してしまいます。

一歩踏み出す気持ちからすべては始まります。

 

 

お見合いしてもなかなか次のステップへ進めないと悩んでいる方、自分は一生懸命話したのに!と思ってしまっていませんか?

 

相槌は会話ではありません。

会話を弾ませるための接続アイテムです。

もし相槌がなかったら・・・と考えてみると会話になっていなかったことに気が付くかもしれません。

「聞くこと」からまずは始めてみてください!!