婚活を成功させるには3回目のデートがポイント!!

こんばんは、横浜の無料結婚相談所ラッキーエンジェルです。

 

結婚相談所の仲介業に長く従事されているベテラン先生方は口をそろえて「3回目に心が決まらない男はダメね」と言います。

この「ダメ」というのは、男として決断できない「ダメな男」というキツイお言葉でもあります。

 

もちろん3回目で「結婚してください」と言えと言っているのではありません。

「この人と結婚を前提に付き合いたい」という気持ちになれるかどうかです。

 

結婚したいと思う相手と会うときの態度と

結婚したいかどうかわからないと思いながら会うのでは、特に男性は態度が全然違います。

 

相手をその気にさせておきながら、それがプレッシャーになり急に態度を急変させてしまうと女性から見ると「自分に興味があるかないかわからない」と感じ、結果的に進展なしのまま終了ということになります。

逆に結婚したいと思うと、発言も積極的になり、会話が苦手な方でも一生懸命アピールしようとします。女性は好かれることで好感度が上がるので、そんな態度に心を動かされるということはありがちです。

 

3回目まではお互いのことがわからな過ぎて判断できませんが、特に男性は女性が10人いると8~9人を性的対象としてOKなので、あとは条件さえ問題なければ結婚できるはずなのです。

それなのに3回目のデートでもまだ決められないということは、結果「ダメ」になる確率がぐっと上がるということです。

 

女性はもともと直感力が男性よりも優れていますので、3回くらい会うとだいたい相手の感じは掴めています。

4回目も会ってもいいと思っている時点で結婚できる可能性はとても高くなっています。

しかし現実的なので、その後のデートで相手がどう出てくるのかで判断しようと思っています。

 

逆に3回目までに男性に「結婚したい」と思わせない限りはその先は自分が積極的にならないとなかなか進展しないと思った方が良いでしょう。

 

1回目の初対面でのお見合いではまた会いたいと思える人かどうかを考える

2回目のデートでは少し生活を意識した会話をしながら、この人と結婚したらどんな生活になるんだろう?と妄想してみる

3回目のデートで少し踏み込んだ会話を心掛けて、結婚を意識した基準で相手を見てみる

 

結婚をしたくて婚活をしているのであれば、この3回を無駄なく乗り切ることが成功への近道になると思います。

 

「わからないことは聞いてみる」というのはとても大事。

もし聞き方がわからなかったら仲介の方に聞いてみてください。

きっと良い言葉を教えてもらえます。

結婚へ向けての活動をより充実したものにしていけるといいですね(*^^*)