招き猫を買ってきました!招き猫の由来について!

こんにちは、横浜の無料の結婚相談所ラッキーエンジェルです。

鎌倉に行ってきました!

光明寺といって通称「ねこ寺」というところもあるようで、そのせいか猫グッズのお店がたくさんありました。

猫が特別好きということではないのですが、かわいい招き猫を発見しました。

 

ちなみに招き猫の由来をご存知ですか?

諸説あるようですが、まずは世田谷の豪徳寺が発祥説。

江戸時代に井伊直孝が当時荒れていた豪徳寺の前を通ったとき、豪徳寺の飼い猫が門前で手招きをするような仕草をしていたので、立ち寄って休憩をしました。

 

お寺の和尚がもてなし、仏教の教えを説ききかせていると雷雨になりました。

雨に降られずに済んだ上にありがたいお話を聞けたことを喜んだ直孝は、後日豪徳寺を立て直すための多額の寄付をし、豪徳寺は盛り返したとの話です。

 

私の父の実家のお墓は豪徳寺にあり、何度も行ったことがあります。

墓地の周辺も庭園もとても手入れが行き届いていて絵になる景色が多く、

彦根藩主井伊家墓所は国の史跡としても登録されている由緒あるお寺です。

 

あまり気にしていませんでしたが、確かに招き猫がたくさん飾られているなと思ったことはありました。

次にお墓参りに行くときは招き猫をしっかりと見てこようと思います。

 

他に、新宿の自性院、台東区の今戸神社、京都市の伏見稲荷大社や法林寺、豊島区の西方寺、岡山市の金山寺、大阪市の住吉大社などに発祥の話が残っています。

 

右手・左手それぞれ挙げている方の手によって意味が違います。

右手を挙げている猫は雄猫で、金運や幸運を呼び込むと言われています。

左手は雌猫で、人を呼ぶということで千客万来や縁結びに効果があるそうです。

 

両手を挙げている猫は性別不明で、金運を人の両方を呼び込むと言われてはいますが、

「欲張りすぎてお手上げになる」という意味もあるとのことで、避ける人もいるようです。

 

挙げている手の高さですが、高ければ高いほど遠くから呼び込むとのこと。

お寺や神社に猫の手招きで訪問した話とは別に招き猫の起源は「新吉原」の薄雲太夫(うすくもだゆう)という吉原で最高位についていた絶世の美女と言われた遊女に始まるという説もあります。

 

この“薄雲”は大変な猫好きで、1匹の三毛猫を溺愛していてどこに行くにも離さず、猫を抱いて道中し愛猫のために友禅の布団を作り、さらに緋縮緬(ひちりめん)の首輪には純金の鈴をつけるという溺愛っぷり。

この度を越えた愛玩ぶりに、「薄雲は猫に魅入られた」と噂が立ってしまい、挙げ句の果てに愛猫は化け猫と間違われ殺されてしまいます。

 

 

吉原あげての葬式を執りおこない、猫塚を作って丁寧に葬ったものの、薄雲の嘆き悲しみようは尋常ではありませんでした。

そんな薄雲を慰めようと、贔ひい屓き客の一人が長崎から伽羅(きゃら)の名木を取り寄せ、愛猫の姿を彫って薄雲に贈ります。

すると薄雲は大喜びし、道中の際もどこに行くにも離さず持ち歩きました。

 

この話がたちまち広まり、猫の模造品を作る者が現れ、浅草の歳の市で売り出すと大人気となったのです。

特に全国の水商売を営む人々に愛用されるようになり、これが「招き猫」の起こりであると「近世江都著聞集」には書かれているそうです。

 

様々な説がありつつも、置いているだけで何か良いことがありそうな招き猫。

せっかくなので飾っておこうと思います(*^^*)