我が家にインコがやってきた!ペットを飼うと結婚出来ない

こんばんは、横浜の無料結婚相談所ラッキーエンジェルです。

 

少し前に娘がセキセイインコを飼いました!

私自身子供の頃から動物や昆虫が大好きで、いろいろな生き物を飼っていましたが、セキセイインコは初めてでした。

子供のころに生き物を飼うのはとても良いことだと考えているので、しっかりとお世話をするという条件で飼うことを許可したのですが、実際飼ってみるとついついかまってしまう自分がいます(´・ω・`)

 

「風(フウ)」と名づけた我が家のセキセイインコはとても人懐っこく、表現も豊なのでついつい話しかけていると子供たちに「孫に話しているみたい」と言われています。

 

セキセイインコは初めて飼いましたが、とても表情が豊かで、気持ちいいときの顔や、呼んだときに首をかしげるしぐさなど可愛くて仕方がありません。

子供が責任を持ってお世話をするために飼ったので、私が過保護にならないようにしないといけないのですが、一番難しいことです(笑)

セキセイインコの気持ちいいところ

ペットを飼うと癒し効果があると言われていますが、それはなぜなのでしょうか?

先日「幸せホルモン、オキシトシン」について少し書かせていただきましたが、ペットと触れ合うとこの「オキシトシン」が分泌されることで癒し効果があります。

ペットと触れ合うことで得られる効果をもう少し詳しく書きたいと思います。

 

①ストレスの緩和

ストレスを増幅させるのが「コルチゾール」という坑ストレスホルモンです。

コルチゾールはある程度の分泌であれば問題ありませんが、増えすぎると慢性的な疲労や精神的ストレスが出てきます。オキシトシンはコルチゾールの分泌を抑制する効果があることでストレス緩和には必要となります。

②幸せな気持ちになる

オキシトシンは、親子や恋人同士のスキンシップでも分泌されますが、特に愛情度が高いほど分泌量も多くなります。

産時に陣痛などとてもツライ体験をしても子供を見た瞬間忘れるというのはこのオキシトシンの効果でもあります。

ペットに対しても愛情を持って触れ合うことでオキシトシンが大量に分泌し、幸せな気持ちで満たされます。

 

③ダイエット効果

オキシトシンは褐色細胞を刺激し体温を上げる効果もあります。

褐色細胞は脂肪燃焼効果があるのに加え、オキシトシンは満腹感を促す働きもあるため、過食を予防し、結果ダイエットにもつながると考えられます。

オキシトシン効果としてはこのようなことがありますが、ペットと触れ合うことで得られる効果は他にも沢山あります。

インコの世話

例えば、同じペットを飼っている人とはお互いの我が子自慢も含め、会話もはずみ交友関係が広がりますし、ペットはお世話をしないといけないので、責任感も生まれ、その気持ちは充実感につながります。

数年前に日本の中で子供の数よりもペットとして飼っている犬猫の数の方が上回りました。

ハムスターなどの小動物をいれると圧倒的に子供よりもペットの方が多い時代です。

 

昔、隣近所の小さな子どもの面倒を見たりして自然と得られた弱者を守る心も少子化の今はなかなか体験することができません。

そういう意味でもペットを飼うのは子供にとっても良い効果があります。

私が手を出さないように気を付けて、見守っていきたいと思います!笑

最後にうちのハムスターとインコのコラボ写真です。可愛くて仕方ないです笑

ペットの癒し効果

 

よくペット(特に犬猫)を買うと婚期が遅れると言いますよね?

それも納得です・・。ペットに夢中になってしまいますね・・!笑