結婚相談所で失敗する人の特徴!横浜で婚活するなら

結婚相談所を利用した婚活は年々増加しております。

その背景にはネット婚活に対しての抵抗感がなくなってきていることが挙げられます。

申し遅れましたが、神奈川で結婚相談所ラッキーエンジェルを運営している小川と申します。

この記事では、現役で結婚相談所を運営している立場から、結婚相談所での婚活がうまくいかない人の特徴についてまとめてあります。

1、結婚相談所やネット婚活が広まってきている背景

2、結婚相談所を利用する人の特徴

3、結婚相談所での婚活がうまくいかない方の特徴

と3部構成にまとめて記事にしております。

結婚相談所の利用に関わらず、貴方の婚活に役に立つ情報をまとめておりますので、是非ご一読下さい。

 

 

1、ネット婚活が広まってきている背景

一昔前はmixiなどのSNSを利用して出会いを求めるのが密かに流行しておりました。

しかし当時は「ネットで恋人探しって・・・」とやや敬遠されるイメージがあり、友人にバレずにやるような状況でした。

それが近年Facebookと連動したマッチングアプリ”Pairs”を筆頭に、大々的にネット婚活というものが宣伝されることによって、ネット婚活に対する抵抗感が薄れてきております。

 

事実、ネット婚活サービスを利用して結婚した人数は

2013年には4.7%だったものが、

2014年には8.3%。

2016年には11.3%まで上昇しております。

 

マッチングアプリのPairsでは2017年時点で登録者が600万人を超えました。

未婚者の数は25~64歳で約1,600万人と言われていますから、未婚者の約35%が利用している計算になります。

これから先ネットを使った婚活サービスはより当たり前の時代になるでしょう。

 

さて、では結婚相談所は?というと、

カウンセラーと会員が対面になり「この方はどう?」というイメージが持たれがちですが、これは誤ったイメージです。

今の結婚相談所は上記のようなネット婚活(マッチングアプリ)に近い形式のものです。

 

“好きな時間に好きな場所でスマホやパソコンを使って相手を探して、お見合いの申し込みをする”

 

これが今の結婚相談所の形です。

この形が認知されだしてきていることから、年々結婚相談所の利用者が増えてきています。

 

“マッチングアプリが気軽に恋人を探すツール”ならば

“結婚相談所は気軽に結婚相手を探すツール”です。

 

私自身結婚相談所を運営している立場として、

マッチングアプリで結婚相手に繋がる恋人が見つからなかったために、結婚相談所へ流れてきている方が増えてきていると感じております。

 

 

システムはマッチングアプリと結婚相談所に大きな違いはありませんが、

利用する目的は大きく異なるため、”どちらがいい”というわけではなく、貴方の目的に合わせて利用することをオススメ致します。

 

2、結婚相談所を訪れる方の特徴

私自身結婚相談所の窓口として、たくさんの会員さんの話を聞いてきました。

そんな中で、結婚相談所を利用する方の特徴で多いものを3つまとめてみました。

 

2-1、結婚相談所を最後の手段だと思って訪れる

様々な婚活を経て、なかなかうまくいかなかったために、結婚相談所を訪れる

比率では圧倒的に多いです。

 

2-2、知人からオススメされて結婚相談所の利用を検討してみた

“知人が結婚相談所を利用して結婚したのを見て利用してみようと思った”

“知人から結婚相談所をオススメされて利用してみようと思った”

 

次点で多いのがこのような方です。

近くで結婚相談所を利用した成功体験を聞くと行動に移る傾向があります。

「あの人が結婚出来たなら・・」という気持ちから、「なら私も」と思っている方も少なくありません。

 

2-3、出会いがこれ以上ない現実を知った時

職場でもいい出会いがないし、周りはどんどん結婚していくし、年齢はどんどん上がっていく。

このような現実によってこれからますます婚活する機会が失われていく(合コン・職場など)と思った時に、

まずいと思って結婚相談所を利用される方も少なくありません。

結婚相談所にいけば、少なからず結婚を希望している異性と出会えるイメージがあるからだと思います。

 

 

2-4、まとめ

結婚相談所を訪れる理由の上位3つをまとめました。

全体的に言えることは、

利用するのは恥ずかしいけれど、結婚するためには仕方がない。

いわゆる結婚相談所は最後の砦という感覚の方です。

カウンセラーとして申し上げておくと、結婚相談所に来てもご自身で活動するという意欲がないと決してうまくいきません。

 

続いていよいよ本題の結婚相談所での婚活がうまくいかない方の特徴です。

 

3、結婚相談所での婚活がうまくいかない方の特徴

結婚相談所での婚活がうまくいかない理由の大半が「お見合いが決まらない」ことにあります。

また、お見合いが決まったとしても、当然のことながら交際に発展しなければ結婚はありません。

お見合いが決まらない・お見合いがうまくいかない方の特徴を4つまとめます。

 

3-1、プロフィールだけで判断して腰が重い人

結婚相談所に登録している会員は全て詳細のプロフィールを作っています。

年齢や収入などの基本情報だけではなく、家族構成や婚歴や休日の過ごし方など事細かに記載されています。

 

そのため、プロフィールを見ただけでなんとなくその方が分かったような気がしてしまうのです。

その中で何か一つでも悪いところがあると「この人はない」と判断して見送ってしまう方が非常に多いです。

 

所詮文字として公開されている情報で、分かったようでその人のことは何も分かっていません。

大切なのは実際に会ってみることです。

プロフィールではいいと思わなかったけど、実際に会ってみるとすごく魅力的だった!というパターンは少なくありません。

 

相手のプロフィールを見て気に入った部分が1つでもあれば会ってみる(お見合いを申し込んでみる)という姿勢がとても大切です。

 

2、理想が高く妥協を出来ない方

 

プロフィールで重要視される部分は

・容姿(男性からみて重要視されやすい)

・収入(女性からみて重要視されやすい)

・年齢

・学歴

・趣味

・性格

これらを全て満たしている方じゃないとお見合いしたくない!という方が非常に多いです。

せっかくお金を払って結婚相談所に来たのだから理想の相手と結婚したいという気持ちは分かります。

しかし、そもそも上記の理想に当てはまる方は、結婚相談所に登録するまでもなく結婚はしています。

 

全てが理想のタイプと出会って結婚することは極々稀です。

結婚相談所においてはないと思って下さい。

 

結婚相談所で婚活を成功させるコツは、自分の中で妥協出来ない点と妥協出来る点を明確化することです。

妥協 と言うと言葉が悪いかもしれませんが、幅を広げるとも言います。

それにはカウンセラーの力が必要です。

カウンセラーがしっかりと貴方のことを考えて、はっきりと伝えてくれる人でないとなかなか気付けません。

 

3、カウンセラーの言葉に耳を傾けない方

カウンセラーは婚活のプロです。

しかし、カウンセラーを煙たがって話を聞かない方も少なくありません。

 

カウンセラーはたくさんの方の婚活をみてきていますから、当然婚活をうまくすすめていくコツを把握しています。

また、客観的にみた上でのアドバイスもくれる貴重な存在です。

お見合いからなかなか交際に発展しない場合、その方の言動に問題があるケースが多いです。

言動は自分では気付きにくい部分だからこそ、カウンセラーが客観的な視点で指摘をします。

 

そこを直すことでお見合いがうまくいくかもしれないのに、話を素直に聞き入れないことで同じことを繰り返してしまう。

お見合いがうまくいかなければ婚活がどんどん嫌になっていき、活動をしなくなります。

 

もう一度言いますがカウンセラーはプロです。

プロの意見に耳を傾ける努力をしましょう。

 

4、受け身の方

これは女性に圧倒的に多いですが、受け身の方はなかなかうまくいきません。

受け身というのは、自分がお見合いを申し込まず、相手から申しこまれた時に判断することを言います。

 

女性は男性からアタックされるのが普通という感覚を持つため、ご自身からお見合いの申し込みをすることに抵抗感があります。

反対に男性は、自分からアプローチをかけるのが当たり前という感覚のため、どんどんお見合いを申し込みされます。

 

 

恥ずかしい気持ちがあるのは分かりますが、せっかくお金を払って結婚相談所に入会したのであれば、ご自身からどんどん積極的に活動することをオススメ致します。

5、まとめ

いかがでしたか?

結婚相談所での婚活がうまくいかない方の特徴についてまとめてみました。

今結婚相談所を利用している方の中で「あっ」と思った部分があれば全て直して下さい。

結婚相談所を利用していない方で「へぇ~」と思った方がいれば、そういうものだと思って下さい。

 

実際に結婚相談所に入会すると様々なギャップで悩まれる方が多いです。

悩むとどんどん疲れていきます。いわゆる婚活疲れというものです。

そうならないためにも、この記事を熟読して理解をしておくことをオススメ致します。