「生命保険」と「損害保険」の違いとは?

こんばんは、結婚と保険のプロフェッショナルラッキーエンジェルです!

 

「今、生命保険にご加入されていますか?」

と聞いたときに

 

「入ってるよ、車の保険。ケガをしても出るって聞いてる」

と言われることがあります。

 

 

車の保険についてい「人身傷害特約」は確かに事故をしたときに、搭乗者(車に一緒に乗っていた人)も含めて通院代や入院代などが出るようになっています。

しかし、車の保険は「損害保険」です。

保険に携わる仕事をしているか、またはしっかりと勉強して詳しい人でないと「生命保険」と「損害保険」の違いはよくわからないと思います。

 

生命保険と損害保険の大きな違いは・・・

「生命保険」→「ヒト」に対してのみ保障がある

受け取れる金額は加入時に決められた金額のため、実際にかかった費用がいくらかということは関係ない。

 

「損害保険」→「モノ」が基本になるが、身体を対象にしたものもある。

保障の対象となる死亡やケガは「偶発的かつ突発的なアクシデントによって生じた損害」ということが条件になっていて、わかりやすくいうと「事故・災害による死亡やケガ」になるため、病気による入院や死亡は対象にならない。

受け取れる金額は実費負担のため、実際にかかった費用によって変わる。

 

〈生命保険の主な内容〉

①死亡・就労不能保険

収入を得ている人が死亡、又は働けない状態になった時に生活を支えるために加入する保険です。

 

②医療保険

入院・手術やガンなど診断されたときに一時金を受け取れるものもあり、治療のために必要となるお金をカバーする保険です。

 

③年金・貯蓄保険

退職後の生活費を準備するものや、子供の学費を準備するもの、他には子供の結婚資金など、将来必要であろうお金を準備するための保険です。

 

〈保険期間〉

短期間でも10年。長いものは一生涯保障が続くものもあります。

 

〈損害保険の主な内容〉

①車保険

所有している車にかける保険です。

事故をしたときに相手の人に対する補償、ぶつかったモノに対する補償、自分も含め乗っていた人に対する補償、そして自分の車に対する補償などがあります。

 

②火災保険

自宅や店舗、事務所など建物にかける保険です。

火事で焼失、台風などで屋根、窓などの損害、水害で浸水など建物の被害や、家財を補償するもの、他に地震による損壊のために地震保険を付けることもできます。

 

③賠償保険

自転車で人にぶつかってしまったり、子供が人の車を傷つけてしまうなど、他者や他人の物などに対して補償する保険です。

他にも、ケガを補償する「傷害保険」、ゴルフをする人のための「ゴルファー保険」、ペットの治療費などの「ペット保険」などがあります。

 

〈保険期間〉

基本は1年。火災保険など長くて10年です。

 

最近は損害保険会社も「がん保険」などを扱うことも増えてきて、加入者としては「生命保険」と「損害保険」の区別をつけるのが難しくはなってきています。

一般的に違いがわかる必要なありませんが、ご自身が加入している保険の内容を知っておくことは大切です。

 

「入院したときの保険には入っているから」と思っていて、いざ病気で入院したらケガのみの保険でした!というケースも少なくありません。

当然保険金は出ないですし、更にその病気のせいで今後生命保険の医療保険は入れなくなる可能性もあります。

そのようなことが起きないためにも、どんなときにどのくらいの保障があるのかはしっかりと把握するようにしてくださいね!